Back * 目次 * Next

壊れた世界

檻の部屋

 瑠璃の部屋はうつくしい檻だった。変わらずに残されたままのベッドに歩み寄ると、瑠璃の作りもののような肌の白さをおもいだす。細い手首は幻のように儚く、指先はしなやかに何かをつなぎとめようとしていた。
 わたしは背徳(うしろめた)さに呑まれて、瑠璃の残像を振りはらうように眼をとじた。あえぐように深呼吸をして、非力な瑠璃が囚われていたベッドに横たわってみる。瑠璃の眺めていた世界を同じようにたどってみた。そこには変わることのない光景(かたち)があるだけ。明暗だけが変化を許されていて、天井はじわじわと夕闇に呑まれていく。室内の暗さだけが深くなった。
 おっとりとした黄昏は失われて、淡い闇が全てを支配する。
 瑠璃はこのうつくしい檻の中でたたかっていたのだろうか。
 やりきれない思いに占められると、まるでタイミングを見はからったように物音がする。聞きなれた足音。
 悪魔がやってくる。
「サラ、また亡霊と語り合っているのか」
 あたりまえのように室内に踏みいり、葵は横たわるわたしを見おろす。
「家宅侵入でうったえるわよ」
「何をいまさら――、好きにすればいい」
 余裕の笑みをうかべて、葵は何のためらいもなくベッドに腰かける。幼いころは何の不自然さもかんじなかった行為。一つのベッドを三人で占領して、夜通しトランプをしていたのはどのくらい昔の記憶だろう。
「そういえば、あの時のトランプ……」
 うわ言のように、わたしは思い出の中のカードを取りだす。
「Q(クイーン)の顔が瑠璃に似ていた」
 世界は薄紫の闇にしずみ、記憶だけが色鮮やかにうかびあがる。黒い影でしかなかった葵が、ゆっくりとこちらを見る気配がした。
「葵は覚えている? ほら、昔よくこのベッドの上を散らかして――」
「子どもの頃の話か。それなら僕もよく覚えている。Q(クイーン)がおまえに似ていると思っていたからね」
「それは」
 同じことだと云いかけて、わたしは言葉を呑みこんだ。葵は力なく投げだしているわたしの手にふれた。そっと影がかさなる。
 てのひらにふれた熱。
「葵、わたしは瑠璃のかわりにはなれない」
 ゆっくりと葵の影がわたしを呑みこむ。横たわるわたしから逃げ場を奪うように、彼はベッドに両手をついてこちらを見おろす。
 檻の中が夜に満ちて、全てがあいまいだった。葵はこの不明瞭な世界で、きっと瑠璃の面影をさがしている。
「同じ声、同じ顔、同じ体。――だから、葵が重ねるのは仕方がないと思う。だけどわたしは瑠璃にはなれない」
「もちろん、おまえは更紗だ。瑠璃になどなれるわけがない」
「そうよ、瑠璃にはなれない。だから、もうわたしをからかうのはやめて」
 すぐそこに葵の顔がせまっているのに、すべてが影色でみえない。
 非力な瑠璃があいした男。
 ふっと彼の呼吸が額をくすぐる。
「おまえはどうしても僕を嘘つきにしたいらしいね。……そのどうしようもない思いこみが苛々する」
「どうしようもない思いこみ?」
「そうだよ、……いや、違うな。おまえには呪いがかかっている」
 影色のなかに濡れた光がよこぎる。とたんにわたしは葵の眼差しを意識して息苦しくなった。
「どんな呪いが?」
「それを僕に云わせるのか」
 すっかり夜に奪われた檻のなかで、葵とわたしの距離は限りなくゼロに等しい。
 瑠璃。愛すべき――もうひとりのわたし。
 汚れのない命とひきかえにすべてを手に入れた。
「サラ、僕をみろ」
「みているわ」
「みていない。おまえは何もみていない」
「くらくて……、みえない」
 ただ檻がある。
 それはこの瑠璃のへやなのか、あるいはわたしの中にあるのか。
「みえないのは葵もおなじ」
「僕はみえるさ。どんな闇のなかにあっても、おまえをみつけることができる」
「そうね、葵は瑠璃を見失わない」
 ぴりっと肌がひりつくような緊張がうまれた。葵が闇の向こうでこちらを睨んでいる。
「――またか。おまえには僕の言葉がとどかない」
 低い声のなかには、苛立たしさを呑みこんだ凄みがあった。
「更紗、僕がみているのはおまえだ」
「葵はわたしをみて瑠璃を思――っ」
 かみつくようなキスがわたしから言葉をうばう。ベッドがかすかにきしむ。
 まるで小さな悲鳴。瑠璃が叫んでいる。ぞっとした。
「やめて」
 瑠璃の横たわっていた場所で、この上もなく許されない行為。
 暗い檻のなか。どこかで瑠璃がみている。
 がたがたと体中がふるえた。
「更紗……」
 葵の力がゆるむ。それでも逃げ出すことができない。ただどうしようもなく震えているだけだった。
「おまえは、僕を憎いと云うが――、僕は瑠璃が」
「やめて」
「瑠璃は――」
「やめて、お願い」
 何も聞こえない。ひたすら胎児のように体を小さくして耳をふさぐ。今にも瑠璃の声が聞こえてきそうだった。
「更紗。僕はおまえにかけられた呪いをとく鍵をもっている」
 さっきまでの激しさが嘘のように、葵の声が凪いでいる。わたしはゆっくりと目の前の影をみた。背をむけてベッドに座っているのか声が遠い。
 過ぎ去った嵐に安堵するように、わたしは大きく息をはきだした。ベッドから身を起こす。
「わたしは呪いなんてかけられていないわ」
 葵はわたしをみることもなく、独り言のように続けた。
「呪いがとければおまえはきっと心をひらくだろう。だが、それでは意味がない」
「何を云っているのか、わからない」
 ベッドから立ち上がり、葵はようやくこちらをみた。表情は闇に隠されている。それでも彼が微笑んでいるのがわかった。
「おまえには僕の言葉が届かない。わかっていても、僕は呪いに囚われている更紗が欲しいんだよ。そのために必要なら、おまえを傷つけることも汚すこともためらわない」
 檻のなかに現れたのは、やはり悪魔だった。
 残酷で非道なことを語りながら、信じられないほどうつくしく笑う。
「更紗、僕は優しくはない」
「知っているわ」
 葵は小さく笑いながら、檻のなかから姿を消した。
 もう義兄でも教師でもなく、幼馴染でもない。
 葵は形作られた世界を壊して、ほんとうに悪魔になることを選んだ。
 そしてわたしはいつか、彼とともに魔道に堕ちてしまうのかもしれない。

Back * 目次 * Next
サイトup 2009.9.26

Copyright © Since 2002 Kyouko Nagatsuki All rights reserved.