Back * 目次 * Next

壊れた世界

理科室の毒

 硝子で形作られた小さな世界。
 理科室。
 窓ぎわに作られた台のうえ。さながらオモチャの展覧会のように、ビーカーやフラスコが並んでいる。
 雑多におかれた硝子細工のなかから、わたしは試験管をひとつ手にとった。少しだけ水を入れて、放課後のうっとりとした陽射しにかざす。
 少しだけ底にたまっている液体が、日の光をあつめて奇麗な黄昏に染まった。
 まるで美しい毒薬のように、きらきらとかがやいている。
 わたしは試験管をかたむけて、すこしだけ毒を舐めた。
 あやしい錯覚に魅せられていると、ふと胸の底から暗い息苦しさがよみがえった。同時に、背後でことりと物音がした。
「サラ、ここにいたのか。帰ろう」
 痛々しい面影に呑まれそうになっていたわたしは、はっとして振りむいた。
 義兄(あに)の葵(あおい)が、じっとこちらを見つめていた。足音もたてずに歩みよってくる。
「その試験管には、何が入っているんだ」
 わたしは中味を捨てるために試験管をかたむけた。液体が零れだすまえに、彼はわたしの手首をつかんだ。
「先生、ただの水よ」
「そんなはずはない」
 彼はあざ笑うように決めつけて、奇麗な眼差しでわたしをみた。瞳孔(ひとみ)をふちどる虹彩が、うつくしい色合いで輪をえがいている。
 眩暈をかんじた。少しだけ舐めた毒が、まるでほんとうに体を侵しているようだった。
「薬品なんて、勝手に持ちだせないわ」
「僕が云っているのは、そういうことじゃない」
 彼はわたしの魅せられていた幻想を見つけだしたかのように、不敵にわらっていた。わたしの手から試験管をとりあげる。まだ底に残っている毒を、暮れていく日の光にかざした。
「僕がこれを飲めば、どうなる?」
 わたしは少し迷ってから素直にこたえた。
「――死ぬわ」
 彼はふっと優しい笑みをうかべた。ちくりと胸のうらを刺す背徳(うしろめた)さが、痛みをました。葵の笑みは麻酔のように、すべてをごまかしてしまう。
 このうえもなく非道で、残酷なくらいに奇麗だった。 わたしはたしかに毒に侵されている。世界がはらはらと音もなく壊れてゆく。
「それが毒なら、死ぬわ」
 わたしはもう一度くりかえした。葵は澄んだ眼でじっとこちらを見つめている。
 瑠璃が愛した男。
 きれいなかおで笑う、うつくしい面影がよみがえる。痛々しいほど儚い。
 瑠璃は生まれたその日から、少しずつ毒薬を与えられていたようなものだ。透徹るような白い肌から沁みこんで、毒は細いからだのなかに蓄積されていった。
 まいにち、絶えまなく。
「サラ、これはね」
 葵は試験管をながめて愉しそうに嗤う。彼は教師であり、瑠璃(あね)の夫だった。
「これは毒薬じゃない」
 わたしはうなずいた。
「そうよ、先生。それはただの水」
 彼の容貌(かお)からすっと笑みがひいた。舐めた毒は、やはり体のなかをめぐっている。動悸と眩暈。彼の傍にいることが息ぐるしい。
「更紗(さらさ)」
 毒。彼の低い囁きが、さらに毒性を高めていく。猛毒だった。
「これは水じゃない、わかっているだろう?」
「――もう、帰る」
 うわ言のようにそれだけを呟き、わたしは立ち去ろうとした。一歩をふみだす刹那、嵐のような衝撃があった。呼吸がとまる。たくましい腕に引きとめられ、背が葵の胸にぶつかって行き場を封じられた。わたしは声をあげることもできず、間近にせまる悪魔のように美しい彼の顔を仰いだ。眼があうと、葵は嗤いながら試験管に口をつけた。
 かたむいた筒のなかを、透徹った毒がながれていく。彼のきれいな唇から、受け止めきれなかった毒があごをつたい、はらりとしたたった。
 こぼれた雫は、のけぞるようにして彼を仰ぐわたしの頬におちてきた。毒はそのまま、つっと唇へながれつく。葵のつめたい指先が、その雫をぬぐうようにわたしの唇に触れた。
「い――」
 嫌だという言葉は、注ぎこまれた毒によってかきけされた。くちうつしで盛られた毒。重ねた唇からもあふれでて、あごの輪郭をなぞるように零れる。
 葵は毒をのませることに成功すると、わたしを見おろしたまま囁く。
「僕にとっては、――媚薬だった」
 大切な秘めごとを明かすようにつぶやき、彼は毒に侵されたわたしをとらえた。
 逃げだそうとしてあばれるわたしを、葵は力まかせに支配する。
 つよく触れた唇から、ほのかに煙草の味がした。葵のにおい。
 背徳と裏切り、罪と咎。吐きそうなほど苦いのに、蜜のようにあまい。
 葵の長い指先がそっと動いた。まるでいたわるように涙に触れる。
「わたしは、……葵が憎い」
「――知っているさ」
 しのびよる背徳(うしろめた)さを粉々に打ち砕くように、どこかで試験管のわれる音がきこえた。

Back * 目次 * Next
サイトup 2009.9.26

Copyright © Since 2002 Kyouko Nagatsuki All rights reserved.